HOME > 設置方法のご提案 > パイプ・クランプ式

パイプ・クランプ式SET UP

仮囲い鋼板の設置にあたり最もシンプルでポピュラーな方法です。 低コストな反面、単管パイプの支柱単独では風荷重に対して弱いため、控え材で補強をしなければならず、敷地内に相応のスペースが必要です。

組み立て方

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 1
    1
     
  • 2
    2
    杭パイプを地中に打ち込みします。
  • 3
    3
     
  • 4
    4
     
  • 5
    5
    支柱パイプを立ち上げます。
  • 6
    pipe_clamp_slider_06-2.jpg
    横に流すパイプを取付けます。
  • pipe_clamp_slider_07-2.jpg
    7
     
    杭パイプ同士を水平に繋ぎます。
  • 8
    8
    斜めに控えパイプを取ります。
  • 9
    9
    鋼板を金具で横地パイプに取付けします。
  • 10
    10
     
  • 11
    11
     
  • 12
    12
     
  • 13
    13
    断面の形状です。
  • 14
    14
     
  • 15
    15
     
  • no16.jpg
    16
    背面の形状でず。

>設置方法一覧に戻る

事業所案内

 

東京本社

東京都千代田区岩本町
1丁目12番3号 山崎共同ビル

TEL.03(3863)6781(代表)
FAX.03(3865)7348

大阪営業所

大阪市淀川区東三国4-11-4
新大阪明成ビル

TEL.06(6399)0551(代表)
FAX.06(6399)0566

商品カタログダウンロード 施工図面ダウンロード