HOME > 設置方法のご提案 > H形鋼支柱杭式(コンクリート基礎式)

H形鋼支柱杭式(コンクリート基礎式)SET UP

パイプクランプ式の方法のように、仮囲い鋼板の背後に控えの補強を施すスペースがない場合、H鋼を支柱として使用すれば控えが無くても充分な強度を確保できます。パイプ・クランプ式と比べればコストはかかりますが、設置場所が狭かったり、仮囲い鋼板背後のスペースを有効活用したい場合にお勧めです。H鋼の設置の仕方はH鋼を地面に直接打ち込む方法と、コンクリートの基礎を地面に設置しそれにH鋼を固定する方法があります。

組み立て方

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
    1
     
  • 2
    2
    H鋼の支柱を建てます。
  • 3
    3
    横に流すパイプを取付します。
  • 4
    4
    鋼板を金具で横地パイプに取付けます。
  • 5
    5
     
  • 6
    6
     
  • 7
    8
    断面の形状です。
  • 8
    8
    鋼板を金具で横地パイプに取付けします。
  • 9
    9
     
  • 10
    10
     
  • 11
    11
    背面の形状です。
  • 12
    12
    コンクリート基礎を巻く方法もあります。

>設置方法一覧に戻る

事業所案内

 

東京本社

東京都千代田区岩本町
1丁目12番3号 山崎共同ビル

TEL.03(3863)6781(代表)
FAX.03(3865)7348

大阪営業所

大阪市淀川区東三国4-11-4
新大阪明成ビル

TEL.06(6399)0551(代表)
FAX.06(6399)0566

商品カタログダウンロード 施工図面ダウンロード